広東風しょうゆ焼きそば

この焼きそばは中国の庶民の味。
しょう油の香ばしさを最大限に生かした焼きそばで、焼いた麺の表面のパリパリ感と、中のしっとり感を楽しんでください。

まず中国麺は焼く前に蒸します。こうすると色が変わって、風味が一段と良くなります。中国麺をほぐして耐熱容器に入れ、蒸し器で10分蒸します。熱湯に移しいれて、ざるに上げて流水でぬめりを取ります。
水をきったら、しょう油・ごま油をいれ、麺をくっつかないようにします。

そして焼き豚、しいたけ・たまねぎを細切りにします。にら・青ネギは5センチほどの長さに。しょうがは4センチほどの千切りにします。

次に砂糖、しょう油、スープ、胡椒、ごま油を合わせた炒め調味料を作っておきます。

中華なべを火にかけ、サラダ油を熱し、麺を入れて平らにならし、時々ゆすりながら両面をこんがりと焼きます。
麺を焼くときは混ぜずに揺する程度でじっくりと焼き色をつけます。表面はカリッと、中はしっとりと仕上げます。ひっくり返しにくいときは、一度皿に移すと良いです。
へらで4等分に切り、ざるなどに上げて油をきります。

そして中華なべを中火にかけ、サラダ油を熱し、しょうが、青ネギの白い部分を入れて炒め、香りがでたらたまねぎを加え、しんなりとしてきたら焼き豚、しいたけを加えて炒めます。

麺を加えてよく混ぜながら炒め、調味料を少量のこして鍋はだから少ずつ加え、軽くいためたら残った調味料を加え器に盛り完成です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック