美味しいビールの注ぎ方

これからの季節、忘年会やクリスマスとお酒を飲む機会が増えますが、ビールは乾杯の席にかかせないもの。どうせならより美味しく飲みたいものです。

ビールの美味しさは泡立ちにあるといわれています。缶から直接飲むとぴりぴりとした味になるのは、グラスに注げば泡に吸収されるはずの苦味成分が、あわ立たないため液体に溶け込んでいる生です。
つまり上手に泡を作って飲むのが、ビールの本来の味や風味を壊さない最良の飲み方なのです。

そこでお勧めなのが3度つぎ。
まず高い位置から最初はゆっくりと、途中から勢いよくビールをグラスに注ぎます。グラスが泡でいっぱいになるくらい注いだら、泡が半分になるまでまちます。

2度目はグラスのふちあたりまで泡を持ち上げるように、ゆっくりとビールをつぎます。

3度目は少し待ってから泡の中央に静かにビールをつぎ、グラスのふちから1.5センチくらい上まで泡を押し上げるようにして完成です。

このように3回に分けて注ぐと泡のもちがよく、時間をかけてつぐことによって泡は苦く、ビールはまろやかになり、ビールの美味しさを十分に堪能することができます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック