ケチャップとピューレの使い分け

料理のレシピにトマトピューレを使うというのがよくありますが、トマトケチャップとはどう違うのでしょうか。

トマトピューレは完熟トマトを煮て、ペースト状にし、塩を加えたものです。ケチャップはこのピューレに砂糖や酢、スパイスなどを入れさらに濃縮したものです。料理のベースにはピューレが向いているというわけです。

トマトピューレの利用方法として、スパゲッティやピザに欠かせないトマトソースがあります。みじん切りの玉ねぎをいためて、スープとトマトピューレ、スパイスを入れてじっくり煮詰めましょう。

さらにピューレはソースのバリエーションも広げます。豚肉をサラダ油で焼いて肉を取り出し、焼き汁で玉ねぎやしいたけを炒め、スープとピューレを加えるだけでOK。

トマトケチャップは卓上で出来上がった料理にかけるのが一般的です。オムライスなどにかけます。
またマヨネーズと混ぜれば、簡単オーロラソースの出来上がり。ウスターソースと混ぜればお肉料理のソースにもなります。

両者の保存方法ですが、トマトピューレは開封すると日持ちしません。一度に使い切るか、塩を加えて加熱し2、3日以内に使い切りましょう。密閉容器に入れて冷凍するのもよいです。
トマトケチャップは冷蔵庫に入れて、およそ1ヶ月が目安です。

この記事へのコメント
腕時計 電波 ソーラー [url=http://www.31haa.com/]casio スント[/url] <a href="http://www.31haa.com/" title="casio スント">casio スント</a>
Posted by casio スント at 2013年07月26日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199314913

この記事へのトラックバック