カップメンで温泉卵を作る

カップラーメンの空き容器を使って温泉卵を作る方法を紹介します。

このカップメンの容器、ラーメンのスープが冷めないように保温性の高い発砲スチロールでできています。この温度が下がりにくい性質を利用して温泉卵を作ろうというわけです。

温泉卵の作り方は、70℃から75℃の一定の温度のお湯に漬けることでできます。温泉に卵をつけているだけで温泉卵ができる名前の由来です。まずカップメンの空き容器にカラを割っていない卵を入れて、熱湯を容器の8分目あたりまで注いで、アルミホイルでふたをしたら熱が逃げないように輪ゴムで留めます。

このまま20分ほど放置すれば、トロットロの温泉卵の完成です。

出来上がった温泉卵はラーメンの具にしたり、パスタに入れてカルボナーラ風にするなど様々な料理に使えます。

この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の投資 at 2014年07月23日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227651927

この記事へのトラックバック