おでんを美味しく作る技

おでんの醍醐味といえば、お肉や野菜、魚などを様々な食材のうまみを凝縮させたところにあります。となればより多くの食材を使ったほうが美味しくなります。いつも決まった食材ばかりでなく、牡蠣や貝柱などもおでんの具として重宝します。

おでんの人気ナンバーワンといえば大根。美味しく作るには下ごしらえが重要。2、3センチの輪切りにした大根は皮をむいて面取りをし、米のとぎ汁で30分ほど煮ます。やわらかくなった大根は2〜30分ほど煮るのがポイント。

おでんなどの煮物に油揚げの類を使う場合は油抜きをしっかりすること。ここでも下ごしらえが重要です。

そしておでんの具は味の染み込みにくいものから入れていくこと。大根、じゃがいも、コンニャクなどは最初に入れます。厚揚げやイワシのつみれなどは後から入れて、食べごろが同じくらいになるようにしましょう。

タグ:おでん 大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231000465

この記事へのトラックバック