鍋料理が美味しくなるテクニック

クセのある魚の調理法

鍋料理には魚介類やお肉、四季の野菜などを入れますが同じ野菜だと芸がありません。例えば白身魚などの淡白なものにするときは野菜も白菜などの癖のないものを選ぶのがグッド。ブリやカキなどのクセのあるものを選ぶときはセリや春菊、ネギなどの香りの強いものを選ぶのが良いです。

水気の多い野菜は下ゆで

だし汁で煮る鍋料理の場合は水気の多い野菜は下茹でしておくとだし汁の味が薄くなりません。

鍋は常に煮立っている状態に

鍋は一度沸騰したら常に鍋の中が煮立っている状態に火加減を保つのがコツです。

アクはていねいにすくう

魚介類や肉を煮ると必ずアクがでますが、鍋料理の場合はその都度丁寧にすくいとること。アクが残っていると臭みがでますし、後で作る雑炊も台無しになってしまいます。

タグ:鍋料理
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック