チャーハン・テクニック

ご飯は冷まして使う

チャーハンを冷ご飯で作ると、炒めたときに団子状になってしまいやすいので、炊き立てのご飯を少し冷ましたものが理想的です。
冷凍ご飯をラップをとって電子レンジで解凍して使う裏技もあります。
適度に水分が抜けて、ご飯がぱらぱらになりやすくなります。

一度にたくさん作らない

チャーハンをぱらぱらに仕上げるためには、ご飯はできるだけ直接鍋肌に当たるように強火で炒め、水分を飛ばすのがコツです。
家庭用のガスレンジの場合、どうしても火力が弱いため、一度に大量に作り過ぎないようにしましょう。

最初に多めの油で卵を炒める

チャーハンは最初に卵を入れて、ふんわりと半熟状にし、そこに手早くご飯を加えて半熟状態の卵と混ぜながら炒めていきましょう。
ポイントは油を多めに使うこと
油はいったん卵に吸われるのですが、ご飯と混ざり合ううちに油がご飯の方に移り、一粒一粒が油でコーティングされていきます。
結果ぱらりとしたチャーハンができあがります。

最初と最後にネギを入れる

チャーハンにネギのみじん切りを入れるのは当然ですが、使い方のコツは卵を入れる前に3分の1を炒めて、油にネギの香りを移し、最後に残りを入れて軽くご飯と混ぜ合わせることです。

卵とネギだけでも最高においしいチャーハンはできます。

野菜や肉、魚介類は別に炒める

チャーハンに野菜や肉などを加えるときは、あらかじめ炒めておくこと、そしてご飯と卵を混ぜた後に加える方が良いです。
このときに炒めた具は水分をよくきっておくのがポイント。

あらかじめ具に火を通しておけば、あとはご飯の水分を飛ばすことに集中できるわけです。

仕上げの醤油は鍋肌にかける

ご飯と具を混ぜたなら、塩コショウで味付けして、最後に醤油をかけるわけですが、このとき醤油は鍋肌にたらすのが鉄則です。
こうやって醤油を焦がすことで香ばしい香りが生まれます。
直接ご飯にかけると、醤油の生臭さが残ってしまいます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

天王寺「らーめん極」の”チャーシューライス”
Excerpt: 昨日は天王寺の「らーめん極」(ごく)にて、テレビで紹介されたチャーシューライスをいただきました。 「らーめん極」はあべのルシアスの向かいにあるラーメン店。テレビ大阪「みみヨリぃ!?」(5月13..
Weblog: 極もん底値ブログ
Tracked: 2007-07-06 00:10

テムジン
Excerpt: 金曜の夜は思いついてテムジンへ。 私の中でニンニクは平日基本的に禁止しているので、金曜・土曜しか食べれないのです。 まぁ、週末のちょっとした楽しみになってます♪ ↓ビールと突き出しの酢もつ。 仕事後..
Weblog: 楽しいこと探し
Tracked: 2007-08-25 16:22