お粥、お茶漬けをよりおいしく

おかゆは米から炊く

炊いたご飯をさらに水で煮て作るお粥というのは、煮すぎた雑炊のようなもの。
本格的なお粥は、米からゆっくりと加熱して作ります。

作り方は、米1に対して水5の割合で土鍋や陶製のほうろくで加熱します。
沸騰したら蓋を取り、表面が踊る程度の弱火にします。
水の量が3分の2ぐらいまで減ってきたら、蓋をして蒸らして完成。
コツは最初から最後までかき混ぜないこと。
さつまいもいっしょに炊くとイモ粥に、塩サケを入れればサケ粥が楽しめます。

中国粥は水をたっぷりと

同じお粥でも、中国粥で使う水の量は日本のお粥の4〜5倍です。
米と水の割合は1対20〜25の割合になります。

沸騰したお湯に米とだしを加えて、蓋をとったまま弱火で2時間。
途中で油を少し加え、全体にとろみがついてきたら、仕上げに塩で味を整えます。
お椀に白身魚の刺身を並べ、その上にネギ、ショウガ、パセリのみじん切りを加えて、そこにできたての中国粥をかけると絶品です。

イタリアン店のチーズリゾット

イタリアンのお店で大人気なのがチーズリゾットです。
最初から正式に作るとなると、生米をバターで炒めて、生クリームを入れて、と大変手間がかかってしまいます。
ここは思い切って3分で作ってしまいましょう。

まず市販のレトルトパックの白粥1人前を器にあけます。
そこにカマンベールチーズ半個分、約60グラムを小さくちぎって入れます。
ラップをしないで、パックに書いてある作り方よりも20秒ほど短めにしてレンジでチンします。
スプーンでよくかき混ぜてから、パルメザンチーズをふりかけ、残りの20秒レンジで温めます。
これでチーズリゾットの完成です。
カマンベールのまろやかな風味が加わり、レストラン顔負けの一品が出来上がります。

お茶漬けは炊き立てのご飯を使う

お茶漬けは冷ご飯を使うべし、と言われたりもしますが私は炊き立てのご飯をお勧めします。
冷ご飯しかないときは、電子レンジで温めてから使いましょう。

またお茶漬けに使うお茶は、高級なものを使用したほうが断然おいしいです。
玉露は贅沢すぎるかもしれませんが、煎茶やほうじ茶など茎の少ないものを選びましょう。
のりやゴマ、三つ葉やわさびなどもこだわりたいところです。

この記事へのコメント
トラックバックをありがとうございました。
急ぎの時の「チーズリゾット」早くできてしかもおいしそうでいいですね〜!
Posted by パプコーン at 2007年07月18日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48347113

この記事へのトラックバック

[ アマノフーズのスープ ] かに雑炊(6食入
Excerpt: かにのほぐし身の豊かな旨味を和風だしで仕上げた雑炊です。本格派「料亭の味」をお楽しみください。わずか80kcalですので、ダイエット中の方にもおすすめです! 具 材精白米、鶏卵、かに、チンゲン菜、ねぎ..
Weblog: お茶漬け・雑炊の日
Tracked: 2007-08-11 14:45