卵料理の極意

目玉焼きは最後まで弱火で

目玉焼きは卵白はふんわり、卵黄は半熟状態に仕上げるのが理想です。
そのためには最初から最後まで弱火で焼くのがコツ。

目玉焼きにはセルクル型

目玉焼きを形良く仕上げるには、セルクル型があると便利です。
セルクル型に割った卵を静かに流し込んだら、水をそそいで蓋をして蒸し焼きにします。

黄身を白身の真ん中にする方法

目玉焼きは白身の真ん中に黄身を作りたいものです。
しかし実際は、端に寄ってしまうことが多いはず。
これはフライパンに卵を落としたときに白身が広がり、それにひっぱられて黄身まで端に寄ってしまうためです。

これを防ぐには、卵を直接フライパンに落とさず、他の容器に入れておくのがコツ。
そして最初に白身だけをフライパンに流して焼き、白身の表面がフツフツしてきたら白身の中央に黄身をそっと置きます。
あとはいつも通りに、フライパンに蓋をして蒸し焼きにすれば、きれいな目玉焼きの完成です。

スクランブルエッグのコツ

スクランブルエッグは、ポロポロのいり卵ではなくクリーム状に仕上げるのが理想です。
そのためには火加減は最初から最後まで弱火にすること。
そして休まず菜箸などでかき混ぜるのがポイントです。
半熟状になったところで生クリームを加えると、さらになめらかなスクランブルエッグが出来上がります。

薄焼き卵の味付け

細く薄切りにして錦糸卵として使う薄焼き卵ですが、味付けは塩だけにしたいものです。
砂糖やミリンを入れると焦げやすくなってしまいます。
また、かき混ぜた卵を漉し器に通してから焼くと、卵白と卵黄の混ざり具合が均一になってきれいに仕上がります。

ピータンは食べる1時間前に皮をむく

ピータンはあの独特の匂いが苦手という人も多いようですが、食べる1時間前ぐらいに皮をむいておくと、臭みが飛びます。
酢を少しふりかけても、クセが和らいでまろやかになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

☆【うずらピータン】お得パック(12ヶx8パ
Excerpt: ★お得な8パック!★冷凍商品との同梱はできません。★冷凍商品もご注文の場合は別口発送で別途送料が必要です。★ピータンは農産加工品ですので、卵黄の固まり具合にはもともとバラツキがあります。ご了承ください..
Weblog: 卵を極める
Tracked: 2007-08-11 05:50