捨てずに再利用!エコレシピ

野菜の皮をスープに

ニンジンや大根の皮は普通は生ゴミへと捨てられてしまいますが、これらはコンソメスープの具にぴったりなのです。
見た目もオレンジや白のリボンのようでお洒落ですし、薄くて火が通りやすいため顆粒コンソメがあれば数分でスープの出来上がりです。
しかも皮にはうま味と栄養分が凝縮されています。

この野菜の皮で作ったスープのコツは、最初に皮をバターで炒めること。
するとコクが加わりさらにおいしくいただけます。

エビの頭やカラはだしに使う

エビの頭や尻尾、カラにはエビのおいしいエキスが凝縮されています。
これはぜひともだしに使いたいものです。

例えばシーフードカレーにエビの頭、殻などを水煮したスープストックを加えます。
ルーの味に深いコクが加わります。
またみそ汁のだしに使って煮ると、伊勢エビを加えたような味が楽しめます。

キャベツの芯を味噌漬けに

キャベツの芯は最も甘みが強い部分でぜひとも料理に活用したいのですが、さすがにそのままでは硬くて食べられません。
しかしこれを味噌漬けにすると、硬さがやわらぎ甘みも引き立ちます。

作り方は、まずキャベツの芯を円錐形にくりぬき、葉の根元に近い硬い部分も切り取ります。
これらに好きな味噌を塗りつけ、ポリ袋に入れ冷蔵庫で半日以上寝かせます。
食べる時は味噌をさっと水洗いして一口大に切っていただきます。

ほうれん草の根元も使う

ほうれん草の根元は普通は切り落としてしまいますが、実は葉や茎の部分よりも甘みが強くておいしいのです。
なかにはほうれん草の根元だけを使った料理を出す店もあるそうです。

和え物にするときは、豆腐の白和えに混ぜると和えごろもの甘みと根の甘みがマッチして最高の一品になります。

だしをとったあとのかつお節

だしをとったらかつお節は出し殻扱いされてしまいますが、うま味はまだまだ残っています。
これでふりかけを作ってみましょう。

まず耐熱容器にかつお節を広げて、電子レンジで2分加熱します。
醤油大さじ1杯、塩少々を加えてさらに2分加熱。
白の煎りゴマ大さじ2杯を加えて混ぜて、もう1分加熱すれば完成です。
ちりめんじゃこやもみ海苔を加えるとさらにゴージャスになります。

だしをとった昆布

だしをとった後の昆布は、かつお節同様うま味もたっぷり残ってます。
これを佃煮にするというのはよく聞きますが、大変手間がかかります。
そこで簡単に作れる酢の物にしてみましょう。

昆布はクルクルと丸めて小口から千切りにします。
エノキを1パック小房にほぐしてから、さっと湯通しします。
これを三杯酢で和えれば完成です。

タグ:エコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

桃を食べごろのままにしておく方法!!
Excerpt: 今が旬=桃 桃は食べごろになるとすぐ痛んできますよね(゚◇゚)~ガーン ではどうしたらこの美味しい状態をそのままに令 コンポート・ゼリー・桃酒など色々加工の仕方はあります。 で..
Weblog: 日々の楽しみ
Tracked: 2007-08-12 15:17