中華調味料で本格中華料理

家庭でもお馴染みになった豆板醤やオイスターソースといった調味料。
しかし使い道といえば麻婆豆腐や肉野菜のオイスターソース炒めぐらいではないでしょうか。

中国では日本人が醤油を使うように、あらゆる料理に中華調味料が使われます。
そこで中華調味料を使ったお手軽レシピを紹介。

ピリ辛ギョウザ

ギョウザの具に豆板醤を入れるだけで、あっという間にピリ辛ギョウザの出来上がり!
目安は4人分の分量に対して小さじ1杯半ほど。
これなら子供でも食べられるぐらいの辛さです。
辛いのが好きな人は当然もっと入れちゃいましょう。
ラー油と違って豆板醤には甘味もあるので、一度食べたらくせになるかも?

オイスタードレッシング

醤油味のドレッシングに、オイスターソースを大さじ1杯ほど入れると、甘味が広がります。
肉の入ったサラダなんかと相性が良いです。
冷やし中華のタレにも使えますよ。

テンメンジャンで本格チャーハン

テンメンジャンは中国の甘味噌で、とてもコクのある調味料です。
これをチャーハンの味付けに使えば、本場?のチャーハンに早変わり。
テンメンジャンはご飯を入れる前の、野菜を炒めているときに入れます。
分量は4人分の材料に対して大さじ3杯ほど、砂糖も小さじ1杯加えましょう。
塩味はいつもより控えめに。

中華風ディップ

オイスターソースは炒め物などの味付けによく使われますが、そのままソースとして使うのもありです。
オイスターソースだけでは味が濃いので、マヨネーズを一緒に混ぜるのがコツ。

ピリ辛南蛮漬け

まずマリネ液の作り方。
麺つゆ、酢を大さじ6杯ずつと、豆板醤小さじ1〜2杯ずつを混ぜ、千切りのショウガを一カケ分入れます。
次に野菜を何種類か揚げていきますが、てんぷらになる野菜ならなんでもOK。
揚げたての野菜をさっきのタレに漬け込めば完成です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミツカン 純玄米黒酢(国産玄米100%) 500ml
Excerpt: そのまま飲んだり、お料理に使ったり・・・使用頻度が高いのですぐなくなります。重たいものは宅配に限りますね!!黒酢が注目されてからこの商品を使い続けています。飲料としては利用していませんがしっかりとした..
Weblog: 調味料への思い
Tracked: 2007-09-05 09:03