もやしのおいしい調理法

もやしをしゃっきり炒める法

もやしは安くて味付けもしやすく、野菜炒めには欠かせません。
どの料理につかうにしろ、もやしの命はそのしゃきっとした歯ごたえにあります。
しかしもやしは水分が多く、しゃきっと炒めるのは難しいところ。
それに家庭用のガスバーナーは火力が低いせいか、水っぽく仕上がってしまいます。

そんなときは、もやしを炒める前に30秒ほど熱湯にくぐらせるとよいです。
熱湯に塩を一つまみ入れると、もやしの水分が抜けて味が入りやすくなります。
油を大さじ1、2杯入れると、高温で早くゆでられるので、さらにしゃきっと仕上がります。

おいしい茹で方

もやしを和え物にするときは、味をからめるぐらいにしてシャキッと仕上げる場合と、味を染みこませながら歯ごたえも残すというやり方があります。
前者の場合は熱湯で1分ほどゆでたら、余熱で熱が通り過ぎないようすぐ氷水につけるのがコツ。
荒熱が取れたら水気をよくきると、臭みも一緒にとれます。

味をしっかりと染みこませたい場合には、もやしをゆでる前に氷水につけるのがコツ。
こうやってシャキッとさせたもやしは、炒めるときに塩を加えた熱湯でゆでて、お湯をきったら塩をふりふり。
こうしてもやしの水分を出しておくと、和えたときに味をよく吸い込んでくれます。

もやしの保存にぴったりの容器

もやしは水の入った容器にひたして保存するのが一般的ですが、すこしでも長く保存するためには水をかえなければいけません。そんなときもやしの保存にぴったりなのがカップ焼きそばの容器。
水切り口がついているので水の取替えが楽チン!

posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(1) | おいしい裏技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57635155

この記事へのトラックバック

チャーモヤ レシピ
Excerpt: チャーモヤ 男の料理レシピ 小腹がすいてもやしと卵しかない時にどうぞ。 たかがもやし されどもやし 早い!安い!旨い! めっちゃ旨いですよー お酒にあいます♪ 動画なしですが笑 作り方は続..
Weblog: youtubeで料理レシピ
Tracked: 2009-05-27 11:44