安心、美味しい、野菜の選び方

野菜は国産を選びたい

スーパーなどで売ってる野菜は、無農薬や有機栽培などの表示が無い場合、農薬や化学肥料を大量に使っていると考えてよいです。
注意したいのは、輸入ものの野菜はポストハーベストといって、虫がつかないよう大量の農薬がかけられているものがあります。
なるたけ国産のものを選びたいものです。

旬の野菜を選ぶべし

野菜は旬の時期が一番育つもの。
そのため農薬の使用量が、時期はずれのものより少なくて済みます。

野菜についた薬を取る方法

野菜は下ごしらえの段階で薬を取り除いておくことが重要。
まずは流水でよく洗います、特にへたや根元の部分は薬が残りやすいので念入りに。
根菜類は皮や芯に農薬がたまりやすいのでそこは取り除きます。
ヘタは切り落としてピーマンの芯などはねじって切り落とします。
青菜やカリフラワーは熱湯に30秒程くぐらせます、こうすると有害な物質がお湯に溶けだすので、茹で汁をすてます。
野菜を炒めたり火を通す場合も、この方法は効果的です。

酢の力

生野菜は塩をふったり、酢で洗うとよいです。
塩の浸透圧で、野菜の水分と一緒に農薬を引き出してくれます。
ゴボウやウドは細かく切った後、水と酢を混ぜたものに付け、アクと一緒に農薬を引き出します。

安全なカブの見分け方

カブは白くツヤがあり、卵より少し大きめの丸い形をしているのが良いです。
そして根っこが1本だけ真っ直ぐと伸びているのが目印。
通気性や浸水性がよいとこうなり、農薬があまり使われていないし、おいしい証拠でもあります。
逆に小さなひげが多かったり、根が真っ直ぐに伸びていないものは、あまりよいカブとは言えません。

ピーマンは中も良く洗う

ピーマンは緑色の濃いものがおいしそうに見えますが、あまりにも濃すぎるのは化学肥料を大量に与えられて育った可能性があります。
洗い方にも注意が必要で、ピーマンの内側にも農薬は残っています。
ピーマンの内側も指先を使ってよく流し洗い、外側はスポンジでかるくこすれば完璧。

ニンジンのヘタもばっさり

ニンジンは皮に農薬が残りがちなので、水を流しながらスポンジでよく洗い、ピーラーで皮をむきます。
葉の根本から1センチぐらいのことろにも農薬が貯まりやすいので、しっかり切り落としてから使いましょう。

posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材の目利き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック