美味しいピザトーストの作り方

オーブントースターを使って、自宅でピザトーストを作ってみましょう。

まず食パンにピザソースを薄く、まんべんなく塗ります。
上に乗せる具は、マッシュルームを薄切りに、ピーマンは輪切りにします。パンは意外と早く焼けるので、具はなるべく薄くきりましょう。
ソースを塗ったパンの上に、サラミ、マッシュルーム、ピーマンの順番で平らに乗せましょう。具が一箇所に固まると、そこだけ焦げてしまいます。
最後に市販のピザ用チーズを全体に乗せます。

事前に暖めておいたオーブントースターに入れて、4分ほど加熱します。チーズがとろりと溶けてきたら頃合です。
アルミ箔をかぶせると、表面だけ焦げるのを防ぐことができ、熱効率もよくなりますよ。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

ハンバーグの裏技

・塩コショウをふるタイミング

塩コショウはハンバーグの定番調味料ですが、ふるタイミングはいつがいいでしょうか。
こねているときに塩コショウをふると、肉から水分がでて水っぽくなってしまいます。
塩コショウは焼く直前にふるのがベストといえます。

・ハンバーグは冷たい手でこねる

ハンバーグをこねるときは手の温度が低いほうがよいです。
こねるときは氷水で手を冷やし、肉の温度を上げないようにするのが美味しく作るコツです。

・炒めた玉ねぎは冷やしてから

玉ねぎとミンチを混ぜるとき、炒めた玉ねぎを熱いまま混ぜるとミンチが傷んでしまいます。
冷やしてからミンチと混ぜるのがポイントです。

・ハンバーグのタネをねかす

ハンバーグのタネをこね終わり、形を整えたら冷蔵庫で30分寝かせると良いです。
こうすると肉が縮まなくなります。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

酒粕であったかメニュー

酒粕は酒を搾った後の粕なのですが、お酒よりも栄養価が豊富で、たんぱく質やアミノ酸、食物繊維などが豊富な健康食材です。
何よりも身体があったまる食材なので冬の定番メニューです。
そこでブリの粕汁レシピを紹介します。

まずブリを軽く塩で振って、10分ほどで吹き出た水分をふき取り、湯通しして霜降りにします。
大根、にんじんは皮をむいて、銀杏切りにします。
ゴボウは皮をこそぎとり、2ミリ厚の斜め切りにして、水につけて灰汁をとります。
ネギは5センチほどを白髪ネギにして、残りは斜めに切ります。こんにゃくは茹でて3センチほどにきりましょう。
板粕は水を少量かけて、レンジにかけた後、やわらかく溶きのばしておきます。
鍋に出汁と酒を入れ、大根、にんじん、ゴボウを加えて中火で煮ます。
野菜に火が通ったら、こんにゃく、ブリ、味噌、酒粕、しょう油、塩を混ぜた調味料を加え味を調えます。

食べる直前にネギを加え、お椀に白髪ネギやゆずを添えるといい感じです。
タグ:粕汁 酒粕
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

カレーの裏技・リターンズ

・カレーに不可欠な調味料

まずニンニク、唐辛子、バター それになんと砂糖
これはためしてガッテンで見たのですが、人間の味覚は甘いものをうま味と感じるそうです
なので、砂糖を入れると、カレーがおいしくなるという単純な理屈

ほかにカレーをおいしくする方法として、何種類かのルーを混ぜて使うことと、
煮込むときにローリエを1枚いれること、
これはシチューにも当てはまりますよ

・シーフードカレーレシピ

シーフードのカレーを作るときの注意点はえび、イカ、ホタテなどの具を煮込みすぎないこと
こうなると固くなってしまっておいしくなくなってしまいます
最初に具をゆでたら、そのゆで汁でルーを作り、味を閉じ込めます
そしてルーが完成したら、先ほど煮込んだ具を混ぜてひと煮たちさせれ
ば、おいしいシーフードカレーの完成!

・デミグラスソースを使う

ササッとカレーを作りたいとき、市販のデミグラスソースを利用する手があります
デミグラスソースは牛肉と野菜を長時間煮込んで作ったものなので、カレーの隠し味として使用するだけでなく、カレー粉やカレーに使う定番スパイスを使って材料を炒めたあとにデミグラスソースで煮込むだけで、おいしいカレーが出来上がります

・赤ワインをプラス

カレーのレシピそのものは変わりばえがありません
でもちょっとした工夫で味が変わるケースも多いもの
これから紹介するのはすで実践している方もいるかもしれませんが、たったこれだけで、味がグッと良くなります

カレーで煮込む肉や野菜をあらかじめ赤ワインで4〜5時間浸けておく、これで驚くほどよい味に仕上がります
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

冷凍の蒲焼をお店の味に

冷凍の蒲焼は解凍するだけで食べられるので便利。
しかし説明書き通りに熱湯に入れて解凍すると、食感が多少悪くなるかもしれません。
香りや風味もいまいち。

そこでまず表示されている解凍時間の半分を熱湯に入れて解凍します。
残りの時間は蒲焼をパッケージからだして網の上で焼きます。
このように2段階方式をとることにより、タレの照りや香ばしい香りが生まれ、職人顔負けの蒲焼が出来上がります。

タグ:蒲焼 うなぎ
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技