ホットケーキを美味しくアレンジ

ホットケーキミックスには小麦粉やベーキングパウダー、砂糖、香料などが含まれていて、誰でも簡単に作れるようにできています。
これをもうひと手間かけてさらにおいしくいただきます。

チーズやレーズン、ナッツなどを加えるといつもとは違う味が楽しめます。
サツマイモをサイコロ状に切ったものを加え、蒸しパンを作るのもいいかも。
油で揚げればドーナツにもなりますし、硬めに溶いて焼くとしっとりとしたクッキーに、
薄く焼けばクレープにも早変わり。






posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

水っぽいトマトを完熟にする裏技

水っぽくて甘味のないトマトを、甘味たっぷりの完熟トマトに変身させる裏技を紹介。

まずトマトを小さめにカットして、種を全部取り除きます。
これを密封容器に入れて、砂糖をトマト一個分あたり小さじ1杯ほどまぶして、冷蔵庫に入れて半日おきます。
少ししんなりしますが、味は完熟トマトのように変身。

サラダやパスタのソースにどうぞ。
タグ:トマト
posted by わかまる | Comment(1) | TrackBack(0) | おいしい裏技

焼きうどんを焦がさず作る裏技

焼きうどんを作ろうにも、うどんにはヌメリがあるため、焼きそばよりもはるかに焦げやすくなってしまいます。
油を多めにつかっても、鍋肌にくっついて焦がしてしまう、なんてこともあるのでは?

そんなときは電子レンジを使う方法で解決。
まず耐熱ボウルにお肉や野菜などを入れ、サラダ油、醤油、酒、オイスターソースを小さじ1杯ずつかけよく混ぜます。
そしてラップをして1分半加熱。

熱湯をかけて水切りしたうどんを加えて混ぜ、再びラップをして1分半加熱。
その後3分ほど蒸らせば簡単焼きうどんの出来上がり。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

煮魚を煮崩れさせない裏技

煮魚を作る時にいつも煮崩れしてしまうという人は、甘味付けに砂糖を使わないで、みりんと酒だけを使ってみましょう。

みりんや酒のアルコール成分には、たんぱく質や凝固を促進する作用があるため、魚を煮始めたらすぐにみりんと酒を両方加えておくと、相乗効果で魚の身を引き締めてくれます。

ちなみにみりんには3種類に分けられます。本みりん、みりん風調味料、みりんタイプ調味料です。

本みりんはもち米に焼酎を加えて発酵させたもの。料理本などのレシピでみりんとあったらこの本みりんのことです。

みりん風調味料は水あめに甘味調味料を加えたもの。アルコール分は1%未満で風味に欠けます。

みりんタイプ調味料はアルコールが加わって塩が100mlあたり1,5gほど加わっています。

みりん風調味料を使うときは酒を足して、みりんタイプ調味料を使うときは塩を加えるといい感じです。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

冷凍焼きおにぎりをカリッとさせる技

冷凍の焼きおにぎりの召し上がり方には、電子レンジを使う場合とオーブントースターを使う場合とがあります。
が、これを併用するとさらに美味しくなります。

電子レンジで解凍する間にオーブントースターを温めておき、解凍がすんだらオーブントースターに入れます。
こうすると焼きおにぎりの表面がカリッと、香ばしく仕上がります。

ちなみに皆さんは焼きおにぎりは味噌派ですか?しょう油派ですか?
冷凍物はしょう油味が多い気がしますが、私は断然味噌派ですね。
味噌のこげたところが最高!
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技