乾物のおいしい食べ方

シイタケ醤油の作り方

干しシイタケを買ったら先に軸だけを取っておいて、これをしょうゆ漬けにするとシイタケのうま味が凝縮したシイタケ醤油が完成します。
コンブやかつお節を加えると、さらに風味豊かなだしが作れます。

カットワカメの美味しい食べ方

カットワカメとは、塩蔵わかめを塩抜きし、一口大に切って乾燥させたものですが、これはもっと細かくカットした方がなにかと便利。
作り方はカットワカメの袋に爪楊枝で穴を2箇所空けて空気の抜け道を作り、手でもみます。
細かくしたカットワカメはそのままみそ汁に入れて使えます。

だし昆布は切って保存

だし昆布は使う時には切るわけなので、最初から切って保存しておくと良いです。
2×10cmぐらいに切ってガラス瓶に保存しておけばすぐに使えます。

簡単だし入り味噌

切っただし昆布を酢の入ったビンに1枚入れておくと、酸味を抑えたマイルドな酢ができます。
味噌に入れれば簡単にだし入り味噌が完成。

使用済みだし昆布は佃煮

だしに使った昆布は佃煮にするとおいしい。
キッチンバサミで一口大に切り、醤油、酒、みりん、シイタケで煮れば完成。

かつお節でドレッシング

かつお節1/2カップに、酢大さじ3、レモン汁大さじ1を加えてよーくシェイク。
醤油で味を整えたら和風ドレッシングの出来上がり。

posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

焼きそばをさらに美味しく

電子レンジで麺を蒸らす

焼きそばの面は封を切った後電子レンジで1分ほど加熱すると、炒めるときにほぐれやすくなります。

野菜と麺を別々に炒める

野菜のしゃっきりとした歯ごたえを残すためにも、麺と野菜は別々に炒め、二人分ずつ作るのがおすすめ。
もやしやタマネギ、ニンジン、ピーマンなどを同じ大きさに切りそろえ、火の通りにくい硬いものから炒めていきます。
塩コショウをして味を整えたら皿によそっておきます。
次に豚肉をよく炒め、麺を加えて豚肉の油を絡めるように炒めていきます。

麺全体にツヤがでてきたら、酒を少し入れることで麺をふっくらとさせることができます。
仕上げにウスターソースをかけて、麺に下味をつけておくのがポイント。

ソースを入れるタイミング

麺の入ったフライパンに、先ほど炒めておいた野菜を入れ、強火で混ぜ合わせます。
仕上げに中濃ソースを入れ全体にソースが絡まったら火を止めます。
ショウガや青のり、かつお節をお好みで入れ完成。

それと中濃ソースを入れる際に、カレー粉やケチャップ、豆板醤など一味加えると、オリジナルの味が楽しめます。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(1) | おいしい裏技

もやしのおいしい調理法

もやしをしゃっきり炒める法

もやしは安くて味付けもしやすく、野菜炒めには欠かせません。
どの料理につかうにしろ、もやしの命はそのしゃきっとした歯ごたえにあります。
しかしもやしは水分が多く、しゃきっと炒めるのは難しいところ。
それに家庭用のガスバーナーは火力が低いせいか、水っぽく仕上がってしまいます。

そんなときは、もやしを炒める前に30秒ほど熱湯にくぐらせるとよいです。
熱湯に塩を一つまみ入れると、もやしの水分が抜けて味が入りやすくなります。
油を大さじ1、2杯入れると、高温で早くゆでられるので、さらにしゃきっと仕上がります。

おいしい茹で方

もやしを和え物にするときは、味をからめるぐらいにしてシャキッと仕上げる場合と、味を染みこませながら歯ごたえも残すというやり方があります。
前者の場合は熱湯で1分ほどゆでたら、余熱で熱が通り過ぎないようすぐ氷水につけるのがコツ。
荒熱が取れたら水気をよくきると、臭みも一緒にとれます。

味をしっかりと染みこませたい場合には、もやしをゆでる前に氷水につけるのがコツ。
こうやってシャキッとさせたもやしは、炒めるときに塩を加えた熱湯でゆでて、お湯をきったら塩をふりふり。
こうしてもやしの水分を出しておくと、和えたときに味をよく吸い込んでくれます。

もやしの保存にぴったりの容器

もやしは水の入った容器にひたして保存するのが一般的ですが、すこしでも長く保存するためには水をかえなければいけません。そんなときもやしの保存にぴったりなのがカップ焼きそばの容器。
水切り口がついているので水の取替えが楽チン!
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(1) | おいしい裏技

しゃぶしゃぶをより美味しく作る方法

しゃぶしゃぶ理想の温度

しゃぶしゃぶといえば、なべに水をはって沸騰したところに肉をくぐらせるもの、と思っている人が多いことでしょう。
お湯の温度は軽く湯気がたつくらいの70〜80℃が理想です。
これぐらいの温度で肉の脂肪は溶け、柔らかく火が通ります。
お湯が沸騰してしまった場合は、野菜を入れて温度を下げる技もあります。

豚しゃぶにはお酒

豚肉も牛肉とは違ったうま味があり、しゃぶしゃぶにしても十分美味しいのですが、牛肉と同じやり方だとそのうま味を十分に引き出すことはできません。
ポイントはお湯に日本酒をたっぷり入れること、お湯と半々ぐらいにしてもいいくらいです。
お湯を沸騰させ、アルコールを飛ばしたら豚肉を入れます。
当然しっかり火をとおすこと。

冷しゃぶの罠

冷しゃぶはお湯にくぐらせた肉を冷やして食べるものですが、このとき氷水を使って冷やしてしまうと台無しになってしまいます。
温めて溶け出した脂肪があっというまに固まって白くなってしまうからです。
水は水道水を使い、水にくぐらせてアクを抜いたら、キッチンペーパーで水気を吸い取るのがコツ。

〆は雑炊だよね

しゃぶしゃぶにだし汁を使った場合には、最後はぜひとも雑炊を作りたいものです。
肉を食べ終えたらスープをキッチンペーパーで漉してごはんを投入。
雑炊にはポン酢醤油が合います。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技

揚げ物の裏テク

カキフライの裏テク

カキフライを揚げると、中身が縮んでしまうことがあります。
これはカキの身がグニャっとしていて、水分も多いため衣がむらになりやすいため。
それで揚げている間に、衣が付いていないところからカキの水分が流れ出てしまうわけです。
これでは揚がった時にカキは小さく縮み、うま味も失せています。

これを防ぐには、衣をつける前にカキをさっと湯通ししてカキの水分を抜いておくこと。
やり方は、カキをステンレス製のザルに入れて、熱湯につけて、緑のヒラヒラが少し縮んだらすぐに引揚げます。
これだけで衣がまんべんなく、しっかりとつきます。

フライドポテトの裏テク

フライドポテトを揚げると、揚げたてでもシナっとなることがあります。
これはジャガイモのでんぷん質は熱が通ると糊化する性質があるため、でんぷん質の多いフライドポテトは、必然的にサクっとした歯ごたえにはならないのです。

フライドポテトをサクっと揚げるには、ジャガイモを切ったらすぐに水にさらしてでんぷん質を洗い流します。
ペーパータオルでしっかり水気をとってから揚げると、サクッとしたフライドポテトができます。

揚げ出し豆腐の裏テク

単純ではありますが、揚げるのがなかなか難しい揚げ出し豆腐。
揚げている間に衣の一部がはげてしまうこともしばしば。
全体がふんわり衣に包まれた上体に揚げるのは難しいですね。

この原因は最初の豆腐の水切りが足りないこと。
豆腐の水切り加減を見るには、豆腐の重さが最初の重さの65%になるまで水切りします。
200グラムの豆腐なら、130グラムぐらいになるまで水切りすれば、衣がはがれることもなくなるでしょう。

串揚げの裏テク

串揚げはパン粉の層が薄く、中のネタが透けて見えるとおいしそうに見えます。
そうするにはまず、小麦粉、溶き卵を薄く均一につける必要がありますが、串カツはデコボコしているので、普通のカツと同じようにつけるとうまくいきません。
串カツの場合は、細長いコップを用意して、卵一個と小麦粉50グラムを最初に混ぜてしまいます。
そこに串カツをつけて1回転させます。
これなら小麦粉と溶き卵を一度につけられるし、衣が薄く均等についてくれます。
あとは普通にパン粉をつけて揚げるだけ。
posted by わかまる | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい裏技