家庭で出来るおいしい煮豆の作り方

煮豆を家庭で作るのはめんどう、ということでお店で出来合いのものを買う人も多いと思います。大豆をやわらかく煮るには4,5時間は水につけなければならないので、思いつきで作らないといけないときはとても不便です。

特にこの煮る時間よりも吸水させる時間が長いのがくせもの。もし水につけないでいきなり煮始めると煮えるのに2時間もかかります。しかも吸水させて煮た時のような柔らかさもありません。

そこでとっておきの方法として大豆を無理やり柔らかくするのに炭酸水素ナトリウム、いわゆる重曹を使うやり方があります。これは重曹がアルカリ性であることを利用したもので大豆がたんぱく質であることから柔らかく煮ることができます。これで煮える時間も1時間ほどに短縮することができます。

しかし問題なのは重曹をいれた煮豆が果たして美味しいのかどうか。人間が美味しいと感じるのは中性よりも酸性に偏ったもの。重曹でアルカリ性にしてしまっては味も栄養面も保障できません。

もう一つの方法としてマメをつける水の温度を上げるという裏技があります。大豆の吸水は温度が高いほど早くなるという話です。しかしこの水が70度以上になると逆にうまく煮えなくなります。豆の周りのたんぱく質が固まって中まで熱が通らなくなってしまいます。

小豆の場合はあまり水につけて煮るということをしません。小豆にたっぷり水を吸わせるためには18度の水でおよそ20時間かかります。これでは痛みやすく衛生的にもよくないのでびっくり水という知恵が生まれたのでしょう。

製品には茹で大豆の缶詰やレトルトのもの、冷凍食品のものもあるのでこれらをうまく利用する手もあります。煮るときに圧力鍋を使うのもいいかもしれません。
タグ:大豆 煮豆

おでんを美味しく作る技

おでんの醍醐味といえば、お肉や野菜、魚などを様々な食材のうまみを凝縮させたところにあります。となればより多くの食材を使ったほうが美味しくなります。いつも決まった食材ばかりでなく、牡蠣や貝柱などもおでんの具として重宝します。

おでんの人気ナンバーワンといえば大根。美味しく作るには下ごしらえが重要。2、3センチの輪切りにした大根は皮をむいて面取りをし、米のとぎ汁で30分ほど煮ます。やわらかくなった大根は2〜30分ほど煮るのがポイント。

おでんなどの煮物に油揚げの類を使う場合は油抜きをしっかりすること。ここでも下ごしらえが重要です。

そしておでんの具は味の染み込みにくいものから入れていくこと。大根、じゃがいも、コンニャクなどは最初に入れます。厚揚げやイワシのつみれなどは後から入れて、食べごろが同じくらいになるようにしましょう。
タグ:おでん 大根

美味しい梅干の漬け方

梅干を漬ける前に下準備から始めます。梅干の梅には南高梅が最適といわれますが、品種はこだわらずに地元で採れるものでもよいでしょう。黄色味を帯びた完熟したものを選びます。
未熟な青い梅は梅干に向きません。箱に入れて2,3日追熟させましょう。

梅干に使う塩は粗塩。粒子の粗い粗塩は梅に絡みやすく溶けやすいので早く梅に染み込みます。なので梅酢があがりやすくカビの防止にもなります。
梅干を漬ける容器はホウロウ、ガラス製、甕などが向いています。ふたつきの物を選び、容量は漬ける梅の倍ぐらいの大きさが必要です。取っ手のついたものだと後の工程で便利です。
次に重石と落し蓋ですが、重石は漬ける梅の2倍くらいの重さが必要です。梅酢があがると重石を半分の重さに減らすので、梅と同じ大きさの重石を2つ用意すると都合がいいですね。
落し蓋は重さが均等にかかるようにしたいので平たいものを選びます。落し蓋も容器と同様に酸と塩に強い素材で容器より一回り小さいものにしましょう。使う前には消毒用エタノールで必ず消毒すること。
梅を漬ける容器、重し、落し蓋は綺麗に洗って乾かした後、ふきんやガーゼに消毒用エタノールを染み込ませてまんべんなく拭きます。
これで下準備はOK。いよいよ梅干作りにとりかかります。

まずは下漬けとなる梅の塩漬けから。材料は完熟した梅、粗塩、焼酎です。痛んでいる梅は取り除いて、さっと水で洗います。灰汁を抜き、全体に被るくらいの水に4,5時間漬けます。
ざるにあげて水気をよくきり、乾いたタオルできれいにふき取ります。消毒した容器に漬ける梅の2割ほどの分量の粗塩をふって梅を並べいれます。
塩と梅を交互に入れて、最後に塩を多めにふり、焼酎を回しいれます。
次に容器をあおって塩を全体になじませ、梅を均一に並べます。消毒した落し蓋を載せ、重石を2個のせます。ほこりや虫が入らないように紙で容器を包んで、紐で軽く縛り、暗く涼しい場所に保存します。
4,5日すると白梅酢があがってきます。

白梅酢があがったら次は赤じその下ごしらえ。赤じそはしっかり洗って灰汁をきちんととるのがポイント。赤じその葉だけをとりたっぷりの水であらいます。水は何回か取り替えて、土などの汚れを洗い流し、ざるにあげて水気を切ります。
大き目のボウルにしそを移し、塩をふって全体に絡めます。しばらく置いて葉がしんなりしてきたら、葉をぎゅっと押すようにもみます。
黒い灰汁がでてきたら、葉を一握りづつもんで絞り、灰汁を捨てます。ボウルを洗って赤じそを戻し、残りの塩をふって葉をほぐします。葉がなじんだらもう一度よくもんで、さらに一握りづつ絞って灰汁をとり葉を別のボウルに移します。
白梅酢を少しずつ回しかけ葉をほぐします。
下漬けをした梅の容器に赤じその葉を全体に広げてのせ、赤くなった梅酢を回しかけます。落し蓋をして重石を一個のせ暗く涼しい場所に保存します。

最後に土用干しのやり方。大き目のボウルに盆ざるをのせ、汁気を切った梅を重ならないように並べます。しそも並べて木べらで汁気を抜きます。
容器にのこった梅酢とボウルにたまった梅酢はそれぞれ保存容器に移しておきます。盆ざるを物干し竿に通し日がよく当たり風通しのよい場所につるして乾かします。
梅はときどきひっくり返し、日中は天日干しに、夜は室内干しにして3日間干します。
土用干し3日目には容器に入った梅酢も一緒に容器ごと日のあたる場所に干します。梅としそを梅酢に戻し、容器をあおって梅酢を全体になじませ、落し蓋をのせて暗く涼しい場所に保存します。
梅全体が赤梅酢を吸ったら食べられますが味がなじんで美味しくなるのは半年ほど経ってからになります。
タグ:梅干

牛乳嫌いを克服するワザ

日本人に一番かけている栄養素といえばカルシウム。カルシウムを摂るといえば牛乳が思いつきますが、牛乳が嫌いな人は意外と多いですよね。
そこでカルシウム豊富な牛乳を美味しく飲む方法を紹介します。

冷たい牛乳が嫌いという人は、ホットミルクを試してみてはいかがでしょう。
子供にはホットミルクにチョコレートを溶かしてみると、牛乳を美味しく飲んでくれるかもしれません。
大人向けに、ホットミルクに砂糖、ラム酒、シナモンを加えたラムシナモンミルクなどもオススメです。

牛乳の匂いが嫌い、という人は低温殺菌牛乳を試してみるのはどうでしょう。普通の牛乳と比べても特有の臭みも無いし、味も一段上になっています。
ただし値段が高く、保存も利かないというデメリットもあります。が、一考の価値はあるでしょう。

どうしても牛乳が飲めないというのなら、他の乳製品でカルシウムをとるのも良いです。チーズやヨーグルトなど、牛乳をそのまま飲むよりも効率よくカルシウムを摂取できる場合もあります。

牛乳の脂肪分が気になるという人は、粉状のスキムミルクを使ってみましょう。脂肪分が大幅にカットされています。スキムミルクをお湯に溶かして飲むよりは、ハンバーグのタネや、天ぷらの衣に混ぜると食べやすく、味にコクがでるのでオススメです。
タグ:牛乳

炒り大豆のご飯

まず1カップほどの大豆をフライパンに入れて、時々混ぜながらじっくりと炒ります。
瓶などに入れて保存するとよいです。

米はといでざるにあげておき、炒った大豆と塩、酒、昆布、水を加えてしばらく吸水させ、後はいつもどおり炊くだけです。

人手間加えて炒った大豆の香りがお米のうまみを引き出します。
タグ:ご飯 大豆